デビッドロイドのワットバイクゾーンは、すべてのメンバーのために魅力的でやる気を起こさせるサファーフェストセッションを作成しています。

完全なサイクリングソリューションを採用しているDavidLloyd

ワットバイクの早期採用者として、デビッドロイドはポートフォリオ全体でさまざまな方法でバイクを利用し、各施設に最適なものを見つけるために実験を行ってきました。 2015年6月、彼らはサウサンプトンクラブに最初のWattbikeゾーンを開設しました。このゾーンには、パワートレーニングワークショップ、Wattbikeセッションの紹介、Wattbikeテスト、仮想Sufferfestクラスを視覚的に提供する個別の画面を備えた6台のWattbikeが含まれていました。

「私たちはこれらのゾーンでライブワークショップを開催し、体育館の床に素晴らしい雰囲気を作り出しています。これは、観察している他のメンバーの関心を高めるために機能します。」

-デビッドロイドのグループヘルス&フィットネスマネージャー、ミシェルダンド

大衆に革新的なトレーニングを提供する

David Lloydは、The Sufferfestとの独占的なパートナーシップと、ビデオベースの屋内サイクリングプログラムを通じて、質の高いクラスベースのフィットネスへの投資を続けてきました。これはデビッドロイドサウサンプトンで開始され、選択されたクラブに展開されました。 Sufferfestプログラムは、スタジオとWattbike Zonesで実行され、すべてのメンバーにとって魅力的でやる気を起こさせるセッションを作成します。

次のステップに進む

ジムやトレーニング施設を変革します。 Wattbike ProやTrainerから、さまざまなトレーニング&教育プログラム、ジムに合わせたWattbikeゾーンまで、トレーニングを次のレベルに引き上げるために必要なものがすべて揃っています。

詳細については、コマーシャルセールスチームにお問い合わせください

連絡する



Also in ケーススタディ

Digme
Digme

Digme, Moorgate, has partnered with Wattbike to take its indoor cycling offering up a gear with the installation of a bespoke High Performance studio to provide a fully connected structured workout offering.
South Wales Fire & Rescue Service
South Wales Fire & Rescue Service

Improving firefighter fitness across South Wales. The South Wales Fire & Rescue Service (SWFRS) use the Wattbike’s for a wide range of training methods including fitness challenges, general health tests, sport-specific training as well as exercise classes.
Cycling Esports
Cycling Esports

Last month, cyclists clicked their cleats into their Wattbikes and readied themselves on the start line for the Asian qualifier for the 2022 UCI Cycling Esports World Championships. But unlike normal races, athletes were plugged into the race virtually, from all across the continent.